メニュー

logo2

株式会社GEN

役立つ経理

顧客の創造

 「顧客の創造」とは、新しい顧客を継続的に生み、増やし続けていくことです。顧客の集合体としての市場を創り出すことが企業の目的であるとも言われています。

 売り手は、売り手側の立場から社会を観察しています。自分たちの経営資源で「何が出来るか」を考えています。たとえば「自分たちは、こういう知識・技術を持っているから、このような商品を作れるのではないか。」と、自分たち企業側の立場から社会を見ています。
 しかし、「企業が自分たちの技術で出来ること」と、「顧客にとって必要なもの」は、必ずしも一致していません。だから、企業側からみて非常に高性能の商品を作ったとしても、顧客にとって必要でないものは売れないわけです。そのため、まずは「顧客の立場から社会を観察する」という過程から「顧客の創造」が始まります。

 

 人は無意識に相手のことを推測する傾向があります。たとえば、「あの人は、きっと、こういう風に考えているのだろう‥」と想像しがちです。しかし、その推測は当たらないことの方が多いです。なぜなら、相手は自分と違うからです。自分の価値観というのは自分だけの価値観であって、相手には相手の価値観があります。

 よって、顧客を本当に理解するためには、企業の人間が自分たちの頭で想像するだけでは不十分なのだと思います。数字で表される結果に謙虚になる必要があります。「仮説」と「検証」を繰り返す中で、自分たちの考えと顧客の考えのズレを最小化できるように改善し続ける必要があります。

 

 まずは、自分たち自身の「内なる声」を聞きます。企業側の立場ではなく、顧客の立場として「その商品は心の奥底から欲しいものか?」と自分自身に問いかけます。「その商品が高い価格であっても、どうしても欲しいと思うか?」という問いから考えます。それが「顧客の創造」のスタートです。

 

 自分たちの強みをしっかりと把握し、自分たちに適した戦略を検討する。そして、「顧客の創造」と共に、GENを成長させていきたいと思っています。私たちだからこそできるサービスをお客様へ提供していきます。

 

T